騒音測定

2023年(令和5年)9月27日(水)

三英空調工業では定期的に(年二回)、自社工場から発生する騒音の測定を行っております。

建物外周の敷地境界線8か所を均一間隔で測定地点を特定し、計測・記録・保管し、ブログでもその模様を毎回公開しております。

 

↑ 三英空調工業の所在する場所は、工業地域(第5種高度地区)に指定されております。

 

↑ 横浜市で定められている騒音上限は、工場稼働時の8:00~18:00で70dBとなっており、この数値を超えていないかを測定確認します。

 

8か所の測定値連で、暗騒音時(工場未稼働時)と騒音値(工場稼働時)をそれぞれ測定します。
今回も騒音値は全て余裕を持って基準値を大きくクリアしていました。

 

測定地点③は近隣住宅に隣接していて最も騒音に気をつけなければならない場所で、建物の内側壁面(↑図)には吸音材を貼り少しでも騒音の漏れを防ぐように対策しています。

 

あとは、隣接している敷地境界線に限らず、自社工場内の発生音が周辺近隣に聞こえていないか散策して直接耳できいてみています。
写真↑の弊社工場から数十メートル先の「佐江戸せせらぎ水辺」、ここまでは弊社工場の発生本は聞こえていないようです。

毎回基準値はクリアしていますが、数値に関わらず近隣の皆様には不快感を与えないように努め、今後もまた定期的に測定・報告、そして対応して参ります。

 

最近の記事

PAGE TOP